Skip to content

COVID-19 の社会経済的影響が従来の映画製作ビジネスモデルの変革をどのように加速させるか

より具体的にはCOVID-19に分類されるコロナウイルスは、予想外の規模で世界中に積極的に拡散しています。 World Health Organization(世界保健機関、WHO)によってそのように分類されたこのパンデミックは、グローバルサプライチェーン、世界規模の貿易、基本的な企業運営、そして家庭外での活動全般に大規模な混乱をもたらしました。 大小の政府は、市民にコンサート、映画館、宗教サービス、その他の一般的な社会的会合に出席しないように、集団での集会を控えるよう求めています。 このウイルスは残念ながら米国にも侵入し、大きな影響を及ぼし始始めています。

他の世界的な産業と同様、ハリウッドも COVID-19 の破壊的な広がりから逃れることができず、多くの専門家は全世界の興行収入が約50億ドルの打撃を受けると予想しています。 中国と米国は、映画の常連の数が最も多い2か国であるため、この数字はそれほど遠くないかもしれません。 NBCUniversal は最近、大きな計画を発表しました 。メディアコングロマリットは、最新の映画を従来の映画館で公開するのではなく、3月20日金曜日から、『透明人間』、『エマ』、『トロールズ ワールドツアー』のプレミア作品を合計20ドルで独占的にストリーミング配信することを決定したのです。

COVID-19によって、期待されていたハリウッドのエンターテイメントのパイプラインに前例のない変更が起きたのはこれが初めてではありません。 MGMの最新のジェームズボンドのイテレーション、No Time to Dieのような、大いに期待されていた映画のリリースは、チケット販売の潜在的な損失を回避する試みで年末に先送りになりました。 パラマウント社が、健康への懸念からミッションインポッシブル7の制作の遅れを発表するなど、現在製作中の他の映画も保留にされております。

同様にウイルス以外の原因、すなわちNetflix や Amazon が提供するストリーミングサービスによって映画の観客動員数を危うくすることも周知の事実です。 しかし、アベンジャーズやその他のファンタジー主導のもの、アクション満載の映画のような非常に人気があるフランチャイズ作品のおかげで、映画館は今のところ持ちこたえています。 誠実なファンが映画の封切りに数百万ドルを持って押し寄せます。 視聴者はエンターテインメントを愛しているので、2つのメニューオプションから選択するのではなく、なぜ両方を選べないのですか?という質問になります。 しかし、もしも、急速に蔓延するウイルスによって社会が予想外に麻痺した場合、その答えは非常に明確になり、ハリウッドはさまざまな方法でそれを予測しています。

多くの人が指摘しているように、自己隔離はビンジウォッチングに適しています。 Disney +は、最愛のアナと雪の女王フランチャイズの第2弾をリリースし、何週間も続けて家に子供たちがいる世界的な学校閉鎖を考慮し、これを活用しました。 社会はすでに従来のエンターテインメント手法とは対照的に、ストリーミングを大量に消費するように前提づけられているので驚くにはあたりません わんわん物語の実写版は、コロナウイルスが発生するずっと前にDisney+で初公開されました。 変わったのはタイミングです。第一に、世界中の政府が義務づけている自宅で過ごす時間、そして第二に、この長期に渡る隔離によってストリーミングが消費される速度が加速したことです。 これは、映画業界が認識していたが、これほどの規模になると準備していなかった、潜在的に大規模な文化的変革を意味し、制作の揺れや公開の遅れ、NBCUniversal が例示するような全く新しいストリーミングへの依存につながります。

さらに、映画館からの収益は現在存在しないため、映画会社は新しい収益を生み出すために適応する必要があります。そして、映画館を完全にスキップして、ストリーミングの「レンタル」に向けてより早く、あるいは直接ストリーミングに向けて作品をリリースしています。 そしてそれは、高価格のコンテンツが映画館からストリーミングに移行するという、収益タイプの大きな変化を意味します. 著作権侵害者はお金についてくるものですから、お金があればあるほど、映画会社が収益を失うリスクが高まります。 コンテンツ制作者は、ストリーミングオプションを拡大するにつれて、コンテンツのセキュリティを優先することは明らかです。 一方で、コンテンツ保護の取り組みがユーザー体験の妨げになったり、ユーザー維持の問題につながることがないようにしなければなりません。 使いやすさは、今日のコンテンツに飢え、価格に敏感な消費者にとって鍵となります。 これはVerimatrixの得意とするところで、大手映画会社の中にはコンテンツ保護と顧客満足度の完璧なバランスを取るために、長年Verimatrixに依存しているところもあります。

COVID-19の大惨事がどの程度かは今のところ不明ですが、現在のハリウッドのビジネスモデルの脆弱性を明確に露呈しています。 いったん通常に戻ると、人々は映画館に戻るでしょうが、他の人々は、劇場の窓口と平行して自宅で直接作品を受け取ることを期待するでしょう。 そして、Verimatrixは、起こり得る変化に関連する実際のビジネス上の課題の解決を支援するためにここにいます。

このディスカッションを継続するために、4月7日火曜日午前9時(太平洋標準時)/午後5時(グリニッジ標準時)にウェビナー「Video Piracy & the Pandemic」を開催します。 あらゆるサービスプロバイダーが新規加入者を維持し、惹きつけながら、どのようにして海賊版コンテンツを阻止することができるのか、もっと詳しく聞くためにぜひご参加ください。

Do you have questions about applications and content security?

Book a call with one of our experts

Want to keep up with Verimatrix news?

Sign up to the newsletter

Recent Posts

有料テレビのニューノーマルを乗り切るための4つの変革

有料テレビが新しい生活様式に直面している今、今後の…

サイバー攻撃にさらされているヘルスケア機関: トータルノックアウトを回避する方法

新たな、そして驚くべきサイバーセキュリティの脅威が…
Want to take a deep dive?

Connect with us