Skip to content

Apple TV+での『Greyhound』の公開は、ハリウッドがストリーミングに目を向けていることを示唆しています。

お金を追う: スタジオが行くところには、著作権侵害者やサイバー犯罪者がすぐ後を追ってくる… お金が流れているところへはどこへでも

スタジオでは、5年前は言うまでもなく、5か月前にも考えられなかったようなことが行われています。 皮肉なことに、新型コロナウイルスに感染したことを最初に公表した米国の著名人の一人であるトム・ハンクス氏は、米国で映画館ではなく、家庭用ストリーミングサービスに直接配信されるメジャースタジオ作品の第一弾を演じています。

第二次世界大戦をテーマにしたトム・ハンクスの最新作『グレイハウンド』は、つい先日Apple社が買収し、大作映画を映画館ではなく、お客様のリビングルームに直接お届けしますと謳うApple TV+のストリーミングサービスで公開される予定です。 視聴者は自分で、電子レンジでポップコーンを温めたり、自家製カクテルを作ったりするでしょう。 確かに異なるビジネスモデルですね。

『グレイハウンド』は、『トロールズ ミュージック パワー』、『エマ』、『透明人間』に続き、通常のビジネスモデルを回避し、それを完全に変えてしまった最新の大作映画の仲間入りをすることになりそうです。 これは、ハリウッドの最新作を楽しみながら、安全性、利便性、柔軟性を求める消費者の新しい要求と、時代に適応するためのスタジオの方策です。

ストリーミング配信に移行したことは注目すべき決断です。 トム・ハンクスの『グレイハウンド』は、ソニー・ピクチャーズの劇場用カレンダーで2020年の父の日の週末に配信される予定でしたが、その代わりに、拡大を続けるApple TV+サービスで最終的に配信されることになりました。

このことは、ストリーミングサービスとその視聴者にとってどのような意味を持つのでしょうか。 つまり、いつもの著作権侵害者やサイバー犯罪者たちが、ストリーミングサービスに競争を挑むことになるのです。 海賊版コンテンツの達人たちが、その新しいコンテンツを断然安く利用できるようにすることで利益を得ようとするのは間違いありません。 結局、サイバー犯罪者はお金を追いかけることになります。 そして、そのお金は今やストリーミングサービスで稼いでいます。彼らには、そこに力を注ぐのだという明白な使命があるのです。 映画館は閉まっていたり、少なかったりします。 したがって、コンテンツを安く、あるいは無料で欲しがるオンラインユーザーから利益を得ているコンテンツ系の犯罪者にとっては、これまでとは異なる道筋を生むことになるのです。

『グレイハウンド』に見られるような違法再送信の将来性分析にも注目してください。 彼らの最新の犯行手口を紹介することができればと思います。 適切なエンドツーエンドのビデオコンテンツセキュリティは、企業が違法再送信や不正アクセスに対抗するのに役立つという明確な証拠があります。 コロナウイルス感染症のような未曾有の課題がある中で、収益性と透明性というユニークな組み合わせを提供する前向きなシフトは、誰もが評価する素晴らしいボーナスです。

Do you have questions about applications and content security?

Book a call with one of our experts

Want to keep up with Verimatrix news?

Sign up to the newsletter

Want to take a deep dive?

Connect with us

Anti-Piracy