Skip to content

2020年のVCASセキュリティチャレンジ: あなたのビジネスに最適なシナリオは?

後悔先に立たずですが、2020年が始まって4カ月、誰も予想できなかった世界が広がっています。 コロナウイルス感染症は、通常の生活を破壊しています。コンテンツ制作は停止し、映画館は閉鎖され、消費者は家に閉じこもりながらも、あらゆるストリーミングコンテンツを熱心に視聴しています。 エンタテインメント業界全体が、このニューノーマルへの対応を急いでいます。 人生もビジネスも二度と同じようにはいかないと考えている人もいます。

「これから、我々の業界では多くの変化が見られるだろう。」と、Sony Pictures Television Studiosの社長であるJeff Frost氏は、Wall Street Journal誌の記事で述べています。 彼は正しいかもしれません。

コロナウイルスのパンデミックに対処している何千もの企業と同様に、Verimatrix(ベリマトリックス 社)も事業継続性を維持するために迅速に業務を適応させ、同時に社員、地域コミュニティ、パートナー、顧客を保護するためにリモートワークを実現しました。

これらの課題に対応することで得られる隠れたメリットは、ビジネスのやり方を見直すことです。

ビデオサービスプロバイダが、視聴率の急上昇、違法再送信の増加、経済的影響を感じた加入者のコードカットに直面する中、ビデオのセキュリティ、スケーリング、最適化、収益化に関する議論は明らかに異なったトーンになっています。 問題を解決したいという熱意が表れています。 企業は、将来に向けてよりレジリエントなビジネスを構築するために、今日何ができるかに関心を持っています。

ここでは、ビデオセキュリティの導入について、ネットワーク事業者が自社に適したエコシステムを選択する際に直面する選択肢を理解し、選択した道が自分たちが思っている以上に収益に影響する理由を理解するために、少し掘り下げてみたいと思います。

ベリマトリックス VCASの典型的な顧客は、以下の4つのデプロイメントモデルのうちの1つで運営されています。

  1. オンプレミス – 物理ハードウェア
  2. オンプレミス – 仮想ハードウェア
  3. プライベートクラウド
  4. ベリマトリックス セキュアクラウド

オンプレミス – 物理ハードウェア

デジタル放送/IPTVやハイブリッドネットワークを運用している既存のビデオサービスプロバイダは、主に自社設備でベリマトリックス VCASを運用しています。 これは、CAPEX流のビジネスの進め方で、つまり物理サーバルーム、ハードウェア、およびコンテンツのエンコード、暗号化、そして1つまたは複数の安全な設備から加入者への配信を行う、ヘッドエンドへの投資を意味します。

また、お客様に良い体験をしていただくために、常に最大のピーク負荷に対応できるように冗長性のあるデプロイメントを行っています。 例えば、大規模な停電が発生した場合、全加入者が一度に再接続できるように準備しています。 サーバルームの電源、接続、および空調は完全に冗長化されています。 システム、環境、ハードウェアを監視、管理するために、24時間365日体制でスタッフを配置しています。

定期的に3年から5年のサイクルで、すべてのハードウェアを更新し、メーカーのサポート期間内に収まるようにするとともに、システム上で動作するソフトウェアの進化し続けるニーズに対応しなければなりません。

このような強固なセキュリティシステムを導入していると、テクノロジーの向上や新しい顧客の嗜好に対応するための柔軟性や機敏性が低下してしまいます。 しかし、それらは完全にコントロールされています。 別のデプロイメントへの移行は考えられません。

しかし、そのようなネットワーク事業者が、別のインフラのデプロイメントに興味を持った場合、移行に関する重要な質問には以下のようなものがあります。

  • 最後にハードウェアを更新したのはいつですか?
  • 加入者数に対してスケールが大きすぎたり小さすぎたりするインフラを管理する必要がありますか?
  • 仮想マシン(VM)による展開に移行するには、どのくらいの期間が必要ですか?
  • ハードウェアへの依存度が低いインフラに移行するために必要なリソースを計算しましたか?

オンプレミス – 仮想ハードウェア

ハードウェアを更新する際のコストの高騰を避けるために、積極的に取り組んできた今日の先進的なビデオサービスプロバイダの多くは、すでにプライベートホスティングの仮想ハードウェアスタックを実行するように移行しています。 オンプレミスの物理ハードウェアを持つサービスプロバイダと同じように運営されています。

しかし、3年から5年のハードウェア更新サイクルに従う個別のハードウェアスタックを実行するのではなく、VMソリューションを利用することで、より多くのコンピュート、メモリー、ストレージ、帯域幅のリソースをよりダイナミックに作成、分割することができるようになっています。

VMは、実行するソフトウェアのニーズに合わせて、特別に構成したり、調整したりすることができます。 これにより、加入者層のヘッドエンドにかかる負荷に合わせてリソースを調整し、管理することができます。 そのため、物理ハードウェアだけを利用しているネットワーク事業者よりも、柔軟性と適応性に優れています。 それでもやはり、VMデプロイメントの背後にあるハードウェアスタックを維持・サポートするために、CAPEX支出が発生します。

このグループの事業者にとって、移行に関する重要な質問は以下のとおりです。

  • 自社の加入者層を侵食する可能性のあるOTTサービスに対して、どのようにして競争力を維持するのか?
  • VMの構成を拡張することなく、独自のOTTサービスを立ち上げることができるか、またそれにはどのくらいの時間がかかるのでしょうか?
  • クラウドへの移行にはどのくらいの期間が必要ですか?

プライベートクラウド

ここ数年、一部のビデオサービスプロバイダは、CAPEXではなくOPEXモデルへの切り替えを受け入れ、AWS社、Microsoft社、Google社、Alibaba社などのクラウドサービスプロバイダを活用し始めています。 これらの事業者は、VMと同様のデプロイメントを行っていますが、クラウドプロバイダのIaaS(Infrastructure-as-a-Service)モデルを利用している点が異なります。

これにより、プライベートクラウドインスタンスを持つ事業者は、現在の加入者層のニーズを満たすレベルでVCASを実行することができます。 VCASのライセンスが過剰にプロビジョニングされることはなく、基盤となるクラウドのデプロイメントは、追加のキャパシティーをスピンアップしたり、再びスピンダウンしたりすることができます。

これらの事業者は、社内にクラウドチームを持ち、オンプレミス型のデプロイメントをしている事業者と同じように、24時間365日の管理および運用を行っています。 物理ハードウェアのサポートや維持に伴う課題や頭痛の種から解放された一方で、セキュリティや脆弱性の管理という新たな課題が発生しています。

プライベートクラウド事業者の移行に関する重要な質問は以下のとおりです。

  • プライベートクラウドでは、ネイティブなセキュリティサービスを活用していますか?
  • 新しいものを活用するために、どのくらいの頻度でソリューションを進化させていますか?
  • クラウドプロバイダのセキュリティベストプラクティスに従っていますか?

ベリマトリックス セキュアクラウド

ベリマトリックス セキュアクラウド™は、SaaS(Software-as-a-Service)による拡張性と柔軟性を求めるビデオサービスプロバイダの進化するニーズに応えるために構築されました。 これは、今期のビデオストリーミングの増加に伴い、特に重要になっています。

サービスプロバイダは、使用量ベースの消費を利用することで、毎月の使用量に応じた料金だけを支払うことができます。 ベリマトリックス セキュアクラウドにVCASを導入する最大のメリットは、人手を介さずにトラフィックのニーズに合わせて自動でスケーリングが行われることです。 事業者は、VCASとのインターフェースをAPIレベルで維持することで、ユーザーインターフェース(UI)や、基盤となるインフラの運用やセキュリティを気にする必要がなくなります。

これは、新しいマルチDRMサービスを立ち上げようとしているサービスプロバイダや、デジタル放送/IPTVの加入者からOTTサービスへの解約対策を検討しているサービスプロバイダに好評です。 これにより、このような製品を試して発売するまでの製品化の時間が短縮されただけでなく、それに伴う投資コストも削減されました。

グローバルオペレーションチームとクラウドオペレーションチームが、24時間365日体制でプラットフォームを遠隔管理しているため、市場や視聴者の変化により迅速に対応することができます。 これにより、他のデプロイメントモデルでは実現できないレベルの応答性で顧客をサポートすることができるようになりました。

実際に、シェルターインプレイスの発令から数日で需要が30〜60%増加したという顧客もいらっしゃいます。 オンプレミス型の事業者は、拡張のためのハードウェアの入手などサプライチェーンの混乱を管理しなければならず、インストールや設定をさせることで従業員の健康を害するリスクもあります。 クラウド型の事業者は、誰にも接触することなく数分で拡張できました。

クラウド型のセキュリティの管理には、さらに隠れたメリットがあります。 事業者は、最初から考慮することなく、コンテンツオーナーからの追加的なコンテンツプロテクション要件をサポートできます。 これは、コンテンツオーナーやクリエイターが、劇場用の映画を直接消費者に提供したり、コンサートや従来の放送番組の延長線上にあるコンテンツなどのライブ放送を公開することを決定したときの強みです。

ベリマトリックス セキュアクラウドを介してセキュリティを実行しているため、容量を安全に拡張することができ、ユビキタスでコスト効率も高いのです。 スパイクは簡単に正常化され、サービスはスムーズに実行されます。

新型コロナウイルス感染症への対応について、弊社の顧客や業界全体の声をお聞きになりたい方は、ライブ放送のパネルディスカッション ビデオコンテンツの配信と消費 をオンデマンドでご覧ください。

ビデオセキュリティの課題総括

新型コロナウイルスによる特有の世界的な景気後退からの明るい兆しは、企業がどのようにビジネスを続けていきたいかを真に評価する機会を得たということです。 ビデオサービスプロバイダは、どのようにして自社のネットワークを成功へと導くことができるのか、そして、現在の危機が業界の変化のペースを速めている今、それを実行すべきなのでしょうか?

そして、もし今がその時だとしたら、あなたは今、上記のどのシナリオにいるのでしょうか、そして、どのエコシステムがあなたのビジネスにとって最適な環境なのでしょうか? 今回は「新型コロナウイルス感染症」が混乱の原因となっていますが、次はいつ、何が起こるかは予測できません。 備えあれば憂いなしということで、レジリエントなビジネスを構築することが重要です。

幸いなことに、Verimatrix(ベリマトリックス 社)には、顧客のビジネス目標を満たす適切な移行パスを決定するための豊富な経験があります。 VCASの評価をご案内させてください。

お客様が今日、そして明日に向けてVCASで成功するために、弊社がどのようなお手伝いをできるのか、ぜひご相談ください。

Do you have questions about applications and content security?

Book a call with one of our experts

Want to keep up with Verimatrix news?

Sign up to the newsletter

Want to take a deep dive?

Connect with us

Anti-Piracy