Skip to content

視聴者のための戦い: 海賊版コンテンツとの競合 -監視とトレーサビリティ

コンテンツ保護と海賊版コンテンツ対策ソリューションは、特に超高価値コンテンツの場合、およびスポーツの生中継やオンラインの劇場公開などの時間枠に関連付けられている場合、階層化されたセキュリティアプローチの一部として連携します。 電子透かしは、最後に許可を受けた受信者までさかのぼって、許可されていないストリームまたはコピーの出所を特定するのに役立ちます。 一度違法な出所が特定されると、それらはシャットダウンされ、サービスプロバイダーの主要な収益源を保護することができます。

ビデオ配信で海賊版コンテンツが発生する可能性がある3つの主要なポイントがあります:

  • ポストプロダクションから配信者への配信ワークフロー
  • 配信者と最終消費者の間
  • エンドデバイスからのリダイレクト

これらの使用事例では、それぞれ異なるタイプの透かしが必要となります:

ポストプロダクションから配信者へ- 電子透かしは、オリジンサーバーからのエンコード中に、映画スタジオなどのコンテンツ所有者によって埋め込まれるもので、B2Bオリジンマークとも呼ばれます。 これは、主に劇場公開用コンテンツに使用され、コンテンツがポストプロダクションハウスや配信チャネルに配信される際に、特定のコンテンツバージョンがどこから来たのかを追跡するために使用されます。 

 配信者から最終消費者へ –  サーバーサイドの透かしはエンコーディング中に行われ、マルチデバイスOTTの世界(iOS、Android、Web、およびストリーミングデバイスの配列)で必要とされるHLSやDASHコンテンツのヘッドエンドで適応ビットレートストリームに配置することができます。 サーバーサイドの透かしは、より高解像度のコンテンツに対するスタジオの要求事項を満たし、実装も簡単です。 さらに、透かしロジックはサーバー内で実行されるため、実質的に触れることができません。

 このクラウドベースのサービスは、わずかなレイテンシをもたらし、追加コストがかかりますが、スポーツの生中継が要求する低レイテンシの要件には適しています。

最終消費者-許可されていないストリームを識別するために、透かしがストリーム内に埋め込まれます。 このクライアントサイドバージョンは、デバイス上のビデオプレーヤーレベルで行われ、より多くの事前統合作業が必要です。

透かしは、ビジネスニーズや最も海賊版コンテンツ多いと感じる場所に応じて、コンテンツサプライチェーンに沿ったこれらの主要なポイントのいずれかまたはすべてに挿入できます。 透かしは、サービスプロバイダーがどこで漏洩が発生したかを特定し、さらなる特定、遮断、および/または法的措置を取ることを可能にするため、海賊版コンテンツ対策法として不可欠なコンポーネントです。

透かしが海賊版コンテンツのトレーサビリティを可能にする一方で、監視は、違法な再配信を発見し、そして理想的には防止するためのパズルのもう一つのピースです。 たとえば、機械学習は、デバイスや場所によって使用状況を特定し、そうでなければ見過ごされがちな不規則な消費パターンを特定するために使用されます。

これは、ストリーミングサービスプロバイダーが自社のセキュリティの脆弱性がどこに存在するのか、どのようなセキュリティ手法が最もよく保護し、最終的には強化することができるのかを、自社のビジネスに最もコスト効率の高い方法で理解することを目的とした、5部構成のシリーズの第3部です。第1部および第2部 IIを再確認 する。