Skip to content

視聴者のための戦い: 海賊版コンテンツとの競争第1部

日々、合法的なストリーミングサービスは、視聴者のために違法サイトと競合しています。 すべての視聴者が重要となるストリーミング戦争では、包括的なセキュリティを備えたストリーミングサービスプロバイダーが成功する可能性が最も高くなります。 消費者が無料のコンテンツを望んでいるとき、彼らは最も弱いリンクを探します。 サービスプロバイダーは、自社のリスクと脆弱性を評価し、適切なセキュリティが実施されていなければ自社のビジネスに何が起こるかを検討する必要があります。

間違いなく、ストリーミングサービスは、消費者がコンテンツを視聴する方法を変え、同時に 海賊版コンテンツにも革命をもたらしました。 コンテンツの再配信は、過去数年間に多くの手段によって急増しています。 ある調査によると、米国の映画が約266億回、米国のテレビ番組が約1,267億回、主に米国外で、世界中で毎年違法にストリーミングされているそうです。 テレビ番組は、主にアメリカ以外の国で、毎年世界中で違法にストリーミングされています。 これは、このコンテンツだけで11%から24%の収益の損失を示しています。 この同じレポートでは、海賊版コンテンツの80%はストリーミングに起因していると述べています。 国際的なコンテンツを追加すると、 2020 Parks&Associatesのレポートによれば、世界的な損失は670億ドルに相当する可能性があります。

海賊版コンテンツのビジネスモデル 

著作権侵害者は、ビジネスを構築できるようにあなたのコンテンツを必要としています。 彼らは、価値の高いイベントをライブでリストリーミングし、ビデオオンデマンド(VOD)ライブラリを提供し、あなたのコンテンツと合法的なサービスが使用するのとまったく同じビジネスモデルを使用して本格的なビジネスを運営します: ビデオオンデマンド(AVOD)またはサブスクリプションオンデマンド(SVOD)およびペイパービューの広告。 これらの模倣サービスは、消費者をだまして、知名度の高いブランドの合法的なコンテンツにサインアップしているかのように思わせることさえ増えています。

ここには 2 つの傾向があります: 違法な利益のためにアプリを再作成するか、アプリフレームワークをエントリポイントとして使用して、顧客や企業のデータを追跡するかです。
 

セキュリティの3つの信条

消費者を一気見に追いやったのと同じ人気が、また、ますます洗練された違法行為を引き付けています。 これに対抗して収益を保護する方法は、セキュリティ戦略を段階的に構築することです。これは、時間の経過と共に技術スタックを構築および変更し、必要に応じてコンポーネントを追加するのと同じ方法です。 

メディアおよびエンターテインメント企業は、ストリーミングセキュリティに関する知識と戦略的計画を拡大することにより、自社のビジネスをよりよく保護するという外的ニーズを抱えています。 それができなければ、検討中のかなりの利益を手放すことになります。 11〜24%の収益損失ということは、100万ドルの収益につき11万ドルから24万ドルが海賊版コンテンツになります。 これはかなりの資産価値の目減りです。

多くのユーザーがDRMに精通しています。これは、価値の高いコンテンツのライセンスを取得し、ユーザーにコンテンツへのアクセスを許可するのと同様に基本的な要件であるためです。 しかし、ビジネスを構築し、発展させていくときに、IPを保護するために考慮すべきセキュリティの層はさらにあります。

ストリーミングサービスのセキュリティに関する議論を組み立てるために、戦略を構築するための3つの主要な信条があります。

    防止 – コンテンツやデータの漏洩を防ぐための対策を講じること。

    監視および追跡可能 性–不正なストリームを特定し、その根源まで遡り、削除または法的措置を開始できるようにする機能。

  1. 認証 –認証を容易にしてユーザー体験を向上させること。

もし、これらの信条のいずれかにセキュリティギャップが存在する場合、ストリーミングプロバイダーはリスクにさらされることになります。 これには、海賊版コンテンツによる収益の損失、データ侵害による傷付けられたブランドの名声、および面倒なユーザー認証体験による加入者の解約が含まれます。 目まぐるしい数のデバイス、モデル、オペレーティングシステム、セキュリティ要件、および脅威モデルを考慮すると、適切なセキュリティ戦略を作成するために集中的な分析と計画がいかに必要であるかが容易にわかります。

このブログシリーズを通じて、ストリーミングサービスプロバイダーが自社のセキュリティの脆弱性がどこに存在するのか、どのようなセキュリティ手法が最もよく保護し、最終的には強化することができるのかを、自社のビジネスに最もコスト効率の高い方法で理解できるように支援します。

Do you have questions about applications and content security?

Book a call with one of our experts

Want to keep up with Verimatrix news?

Sign up to the newsletter

Recent Posts

Mobile RASP vs Shielding vs In-App Protection

The reward of engaging with a loyal customer base doesn’t come without risk. Hackers, often highly resourced cybercriminal gangs, recognize that mobile apps provide a gateway into the enterprise. As awareness grows about this risk, enterprises are increasingly seeking solutions to secure and protect their mobile apps.

有料テレビのニューノーマルを乗り切るための4つの変革

有料テレビが新しい生活様式に直面している今、今後の…

サイバー攻撃にさらされているヘルスケア機関: トータルノックアウトを回避する方法

新たな、そして驚くべきサイバーセキュリティの脅威が…
Want to take a deep dive?

Connect with us

This site is registered on wpml.org as a development site.