Skip to content

秘密を漏らさないでください: OTT ライブスポーツにおける 3 つの考慮事項

OTTでサッカーゲームを見る男性

一度に何百万人もの視聴者が同時に視聴する人気のライブイベントを安全に拡大するのは、簡単なことではありません。 しかし、視聴者の観点からは、コンテンツ配信ワークフローが簡単そうに見えることが重要です。 正しく実装されていれば、スポーツ放送の操作全体がエンドユーザーに見えなくなり、視聴者は関わっているさまざまなベンダーのすべてに気づきません。 

ライトをオンにすることを考えてみてください、一見単純な、スイッチの切り替えで、空間が明るくなります。 何かがうまくいかないときだけ、私たちは、プレイ中のすべての複雑な要素について2度考えます。 スポーツのライブコンテンツ配信にしても同じです。

 ライブスポーツイベントは、ストリーミングに関して他とは異なります。わずかな遅延はユーザー体験に大きな打撃を与える可能性があり、帯域幅の問題は加入者の流出とブランドの切り下げを引き起こす可能性があり、コンテンツのセキュリティが弱いと利益が奪われるという結果になる可能性があります。

スポーツのライブ放送局がゲームを続けるためには、デジタルメディアのサプライチェーンのあらゆる段階を最適化する必要があります。 ワークフローを合理化して、ストリームの速度を落とし、視聴者を「ライブの裏側」に引き寄せるような追加的な手段を絞り出す必要があります。

コンテンツ配信ワークフローを最適化し、スポーツのライブイベントを安全にストリーミングする場合に考慮すべき点がいくつかあります:

総所有コスト

 
スポーツのライブストリーミングへの参入は、特に、予想される視聴者数を予測することが難しいため、費用は、大きな障壁となる可能性があります。 先例を確立するための前のイベントがなければ、予測された収益に対してストリーミングのコストをモデル化することは困難になる可能性があります。  
 

クラウドインフラは、ライブイベントの期間中にビデオワークフローのインフラを複製するためのコスト効率の高い方法です。 データセンターとクラウドで並行して実行できるライブ ストリーミング プラットフォームを持つことは、コスト効率が高いだけでなく、便利で柔軟性があります。 DRMのクラウド展開により、さまざまなデバイスやプラットフォームでシームレスにストリーミングすることが可能になり、それはまた、イベントごとに使用する分だけを支払う必要があることも意味します。

 

 

海賊版コンテンツ対策

 
Parks Associatesの試算によると、有料テレビやOTT事業者にとって、海賊版コンテンツビデオのコストは、来年までに660億ドルの収益損失になると されています。 最終的には、著作権侵害者がストリームを盗み、収益を低下させることができるのであれば、どれだけ効率的にスポーツのライブイベントを放送するか、どれだけ多くの費用を DRM のクラウド展開で削減するかは問題ではありません。  
 

ライブスポーツに適したOTTコンテンツの配信は、常に海賊版コンテンツ対策を優先します。 DRM は、許可された視聴者のみがプレミアムコンテンツにアクセスできることを保証しますが、包括的なアプローチでは、ユーザーの画面に表示された後でもゲームを保護するための電子透かしが含まれます。

 

 DRMを補完する重要な役割を果たす電子透かし技術は、プロバイダーや放送局が、デバイスや加入者のレベルで、カムコーダ、デジタルおよびアナログの攻撃、幾何学的操作を検出できるようにします。 透かしは、セッションごとに固有の識別子が埋め込まれているため、コンテンツを「漏洩」または再ストリーミングしているデバイスを識別できます。 これにより、違法な再配信をリアルタイムで停止させたり、サービスプロバイダーのポリシーに従って他のアクションを行うことが可能になります。
 
電子透かしは、ヘッドエンドでのコンテンツ処理および配信時(サーバー側)、またはクライアントデバイスとビデオプレーヤー内(クライアント側)のいずれかに適用できます。 ライブスポーツのOTTサービスでは、電子透かしを追加する際のレイテンシーを回避することが重要です。 サーバーサイドの技術は、ライブエンコーダーやCDNとの高度な統合が必要で、ライブイベントに追加のレイテンシーが発生する可能性があります。

分析とカスタムソリューション

 
視聴者の体験に影響を与える問題を自動的に特定できるソリューションは、解約を減らし、エンゲージメントを最大化します。 分析プラットフォームは、QoE問題のあらゆる根本原因を突き止め、ユーザーに影響が及ぶ前にそれらを解決するのに役立ちます。 
 

詳細データへの簡単なアクセスは、視聴者の不満やコストのかかる加入者の解約を防止し、レイテンシ問題を修正、対応するための最初のステップです。 Verimatrix Analytics は、ビデオサービスプロバイダーに、レイテンシを追跡し、視聴者の体験が不十分になったときはいつでも警告を受信できるQuality of Service (QoS) 監視機能を提供しています。 カスタマイズ可能なリアルタイムダッシュボードは、ユーザー体験を向上させる実用的なデータを見つけることができ、再生問題の特定、サービスパフォーマンスの最適化、およびネットワーク事業者の効率化に役立ちます。

 

専門家と協力して適切なアプローチを展開

 
スポーツファンは、複数のデバイスでフリクションレスな体験を切望しています。 これには、シームレスな認証、中断のない再生、堅牢なコンテンツライブラリへのアクセス、およびパーソナライズされたバンドルが含まれます。 Verimatrixの一連のライブストリーミングとOTTソリューションにより 、スポーツ放送局は、エキサイティングなイベントを大勢の視聴者に安全に配信し、あらゆるデバイスとプラットフォームでスケーラブルなリアルタイムビデオコンテンツを活用できます。 
 

OTTスポーツにおける海賊版コンテンツ対策のベストプラクティスについてもっと知りたいですか? 新しいeBookを読んで 、ライブイベントのコンテンツセキュリティに関する貴重な洞察とガイダンスを入手してください。