Skip to content

海賊版コンテンツの変貌の表面

海賊版メディアコンテンツの作成と消費の方法はともに、IPビデオ配信と関連するOTTサービスの出現以来、劇的に変化しました。 ビデオ配信に革命をもたらし、コンテンツの急増を可能にした同じインフラやツールが、視聴方法、違法な再配信のために著作権侵害者によっても利用されています。

しかし、著作権侵害者が、コンテンツへのアクセスを可能にする言葉をコントロールするだけではなく、コンテンツそのものを再配信するように移行したという事実自体が、急速に増加する違法な再配信の流れをくい止めるという新たな希望をもたらしました。

一方で、ライブおよびリニアOTTサービスの開始は、プレミアムコンテンツ、特にスポーツのライブに関連した収入を得ることができるという見通しから、著作権侵害者を刺激しています。 しかし同時に、双方向のIPネットワークを通じて実現される可視性と追跡可能性によって、海賊版ストリームがほぼリアルタイムで検出できるようになるという新たな楽観論もあります。 そのため、ブロックなどのアクションは、多額の収益が失われたり、大きなビジネス上の損害が発生したりする前に、数分以内に実行できます。

 

海賊版コンテンツの歴史的考察

 

IPと双方向ネットワークが出現する前は、著作権侵害者は、少なくとも匿名性に頼ることができ、活動を行っていても発見されることはありませんでした。 多くの消費者がインターネットにアクセスできるようになる前の1990 年代から 2000 年代初頭には、スマートカードの共有やクローニングが海賊版コンテンツの主な手段でした。 その後、インターネットへのアクセスがさらに普及するにつれて、制御ワードの共有が引き継がれ、正規のカードは、通常、インターネットに接続されたパソコンや無許可のセットトップに装着されていました。

これは、要求に応じて復号化された公認の制御ワードを他の受信者に提供するように設定され、暗号化された有料テレビサービスの解読のために使用されました。 これは、初期の、しかし増加しているオンライン接続を利用して制御ワードを配信しましたが、著作権侵害者を直接発見して暴くことはできませんでした。

しかし、管理された有料テレビサービス(すなわち、IPベースまたは双方向ケーブルサービス)の普及が拡大する中、復号化されたコンテンツを取得するために情報源へのアクセスを余儀なくされ、著作権侵害者は制御ワード共有を断念し、代わりにサービスやコンテンツへの直接アクセスを得ることを強いられました。 さらに、カードレスのセキュリティサービスでは、制御ワードのインターフェイスを排除し、安全なシステムオンチップ(SoCs)が取り上げられたため、制御ワードの抽出がより困難になっています。

そこで、彼らは、スマートカードやアクセスを可能にする制御ワードではなく、コンテンツ自体の配信を開始しました。 そうすることで著作権侵害者はCDN(コンテンツデリバリネットワーク)、ブロードバンドアクセスおよびアダプティブビットレートストリーミングなどを含むすべて同じインフラや技術を利用することができ、合法的な OTT サービスのブームを後押ししました。

実際、Cartesian社が実施した調査「The Future of Broadcast Cardless Security Revisited」は、業界の関心の焦点が制御ワードの共有からコンテンツの再配信へとさらに離れていることを示しています。

海賊版コンテンツの行為が変化したように、その利用も変化しています。 ほんの数年前、インターネット上でのほとんどのコンテンツの盗用は、BitTorrentなどのP2Pソフトウェアを介して行われていましたが、使い方は難しくないものの、平均的な消費者へのバリアになっていました。 現在、盗まれたコンテンツは、便利にパッケージ化され、いわゆるIPTVサービスとして宣伝されており、意図的にその用語を乗っ取って、ほとんど従来の有料テレビの合法的な代替手段になりすますことを企てています。

プロフェッショナルなパッケージ、マーケティング、そしてクレジットカードやPayPalを介した便利な請求により、消費者は違法なサービスに加入していることを簡単に見落としたり、あるいは、そのことにほとんど気づかないかもしれません。

コンテンツの再配信による海賊版コンテンツへのこの傾向は、その結果として、収益セキュリティサービスおよび技術のプロバイダーにとっての課題を拡大し、高めています。 幸いなことに、双方向の接続が可能になったことで、コンテンツの再配信という形での海賊版コンテンツを検知し、発生したら、ほぼリアルタイムでそれに対応できる手段が提供されています。

また、著作権侵害者は広告を出したり、彼らの「加入者」と交流したり、請求書アカウントを提供したり、コンテンツを再配信するために、インターネット上で存在しなければならないことから、自分自身、身分証明書をさらしました。 著作権侵害者がインターネットを利用してコンテンツを再配信することが可能であり、またそうしなければならないという事実は、両刃の剣と見なすことができます。 サービスプロバイダが優位に立つ可能性を与える活動に対抗するための新たな機会が出てきました。

必然的に、海賊版コンテンツは、現在ドメイン外や従来のセキュリティシステムの範囲などを含む、さまざまな手がかりや指標を通じてそれ自身明らかになります。 これは、機械学習(ML)が、違法なコンテンツの再配信を含む活動の署名を識別するための監視システムを訓練する可能性を提供することによってもたらされるところです。

 

3 層のセキュリティ

 

海賊版コンテンツは、消費者にはしばしば合法的な有料テレビサービスのように見えるチャンネルやその他の盗用コンテンツを再パッケージ化することがますます取り込まれているため、海賊版コンテンツ対策システムには、最新の海賊版コンテンツ技術を制圧する新しい手法を提供しなければなりません。 このような状況は常に変化しているため、Verimatrixはセキュリティの3つの主要な層に焦点を当てて努力しています。

    防止: 認証、管理されたエンタイトルメント、コンテンツの暗号化、およびCA / DRMにより、転送および保存中に不正ユーザーへのコンテンツの漏洩を防止します。
  1. モニタリング: CA / DRMシステムからだけでなく、エンドツーエンドの流通チェーンからもデータを収集して分析します。
  2. トレーサビリティ: フォレンジックビデオ透かしソリューションを介して、不正ユーザーの発生源を追跡する機能。
Do you have questions about applications and content security?

Book a call with one of our experts

Want to keep up with Verimatrix news?

Sign up to the newsletter

Recent Posts

Mobile RASP vs Shielding vs In-App Protection

The reward of engaging with a loyal customer base doesn’t come without risk. Hackers, often highly resourced cybercriminal gangs, recognize that mobile apps provide a gateway into the enterprise. As awareness grows about this risk, enterprises are increasingly seeking solutions to secure and protect their mobile apps.

有料テレビのニューノーマルを乗り切るための4つの変革

有料テレビが新しい生活様式に直面している今、今後の…

サイバー攻撃にさらされているヘルスケア機関: トータルノックアウトを回避する方法

新たな、そして驚くべきサイバーセキュリティの脅威が…
Want to take a deep dive?

Connect with us

This site is registered on wpml.org as a development site.