Skip to content

有料テレビのニューノーマルを乗り切るための4つの変革

「ニューノーマル」という言葉には、戸惑いを覚えることが多いでしょう。 それは、歓迎されない変化や居心地の良い現状を壊すことを示唆しているからです。 有料テレビ事業者にとっては、一見すると未来が暗いように見えます。 Digital TV Research社の最新レポートによると、世界の有料テレビ放送の収益は、2025年までに1,500億米ドルまで急落すると予測されています。

有料テレビが新しい生活様式に直面している今、今後の課題を克服するための戦略が重要です。

OTTビデオプラットフォームの導入率は世界的に拡大し、従来の有料テレビ事業者は、インタラクティブなコンテンツライブラリの作成、オンデマンドビデオの提供、HDや4Kコンテンツのポートフォリオ強化を迫られています。

有料テレビの変革の第一歩は、OTT製品を有料テレビブランドの傘下に入れることです。 ほとんどの場合、OTT製品は主に従来のテレビサービスやブランドを高めるためのプロモーション目的で使用されます。 多くの通信事業者は、携帯電話のデータプランやブロードバンドの利用を促進するために、この戦略を選択しました。( DNA Oyj社など)

実際には、テレビを主要サービスチャネルとするパートナーシップの約3分の2は、OTTサービスの利用料を事業者の料金体系にバンドルしていません。 これは、特に有料テレビ事業者の場合に理解できることです。有料テレビ事業者は、自分たちが提供しているテレビ番組が削られたり、カニバリゼーションが起きたりすることに対して、当然ながら慎重になります。

カニバリゼーション以外に、有料テレビの前に立ちはだかる障害は何でしょうか。

1. 消費者向けサービスをミックスしたバンドルオファー

 

OTTサービスは、通常、有料テレビや通信事業者のプランにバンドルされていません。 消費者向けサービスに第三者のOTTビデオが加わったのは、かなり最近のことであり、双方のプロバイダーがビジネスモデルを試行錯誤し、パッケージング戦略を模索しているところです。

2. 小さなマージンで収益を上げる

 

ブロードバンドや通信がコモディティ化している今、ビデオは多くのブランドにとって競争上の差別化要因となります。 しかし、ビデオサービスに第三者のOTTサービスを追加することで複雑さが増し、ビデオサービスのマージンを圧迫する要因となっています。 主なメリットは、第三者のOTTサービスの利用が増えることで、インターネットサブスクリプションの帯域がより高い階層になることです。 最終的には、顧客が求めるビデオサービスがあれば、スケールメリットで問題を解決することができます。

3. データに基づいたリテンション戦略の実行

 

有料テレビや通信事業者ブランドは、ユーザー行動に関する質の高いデータを大量に保有しています。 ここでの主な課題は、それらのビジネスが、純粋なOTTプロバイダーのようにデータに基づいて構築されておらず、ユーザーのリテンションを高めるためにデータを適切に利用していないことです。

4. 垂直横断的なパートナーシップの構築

有料テレビや通信事業者にとって、垂直横断的なパートナーシップとは実際にどのようなものでしょうか? 最近の成功事例を見て、 オーバム社 は通信事業者とOTTのパートナーシップを3つの大きなカテゴリーに分類しています。

  • マーケティングアライアンス: この場合、通常、2つの会社の間には商業的な関係はなく、どちらか一方からの直接投資もありません。 一方の当事者は、相手のブランドをマーケティングツールとして利用しているに過ぎません。
  • 技術やサービスの統合: 両社の協力関係はある程度のもので、投資はないか少ないです。 主な目的は、各製品のマーケティングを強化することです。 これは通常、第三者のサービスを事業者のモバイル、ブロードバンド、または有料テレビの料金プランに統合することを意味し、場合によってはOTTビデオサービスを事業者のSTB(セットトップボックス)のUIに統合することもあります。 この種のパートナーシップの例として、Shaw CommunicationsとNetflixがあります。
  • 緊密なビジネス関係: これには通常、商業契約やレベニューシェアが含まれます。 その関係は、両者の間で発表された戦略的合意から、独立した合弁会社の設立まで多岐にわたります。

    克服すべき障害は数多くありますが、有料テレビプロバイダーを含む娯楽のバリューチェーンに関わるすべての人にとって、新しい消費パターンへの変革は必須であるという合意は取れています。

    適切な事例: Netflixです。 国際的な展開では、複数の地域のケーブル、衛星、IPTV事業者と協力して、有料テレビの加入者にストリーミングサービスを提供しています。 強力な後押しが功を奏し、従来のテレビブランドや有料テレビブランドに刺激を与える新たなイノベーションへの道が開かれているようです。

     

Do you have questions about applications and content security?

Book a call with one of our experts

Want to keep up with Verimatrix news?

Sign up to the newsletter

Want to take a deep dive?

Connect with us