Skip to content

弊社が学んだこと: ビデオの違法コピー及び再送信とパンデミック

先日開催した 「Video Piracy & the Pandemic」のウェビナーには、多くの反響をいただきました。 このテーマは、歴史上の未曾有の出来事の中で、重要な意味を持っています。 ライブQ&Aチャットでは、興味深い質問が寄せられ、現在も問い合わせが続いています。

今回のウェビナーのいくつかのポイントをまとめ、Q&Aの内容を紹介し、参加者から寄せられた意見をもとにしたアンケート結果を発表したいと思います。

ビデオの違法コピー及び再送信のモデル

Piracy Monitor社のマネージングディレクターであるSteve Hawley氏は、まず、世界の統計を引用し、断片化が海賊版コンテンツを促進する大きな要因であることを指摘しました。 ある調査 では、消費者の54%が、正規のサービスでコンテンツを見つけられない場合、海賊版コンテンツに頼るという結果が出ています。 また、新型コロナウイルス感染症の世界的な広がりと海賊行為との相関関係も明らかにしました。

さらにSteve氏は、個人の著作権侵害者と、違法なストリーミングサービスで利益を得ている商業的な著作権侵害者の違いを説明しました。 彼は、常習の海賊行為を4つのモデルに分類しました。

  • 有料テレビアプローチ – インターネットを介してストリーミングされるライブ放送、リニアTV、およびVODサービスパッケージを提供する合法的に見えるサイトが多い。
  • 広告支援アプローチ – 著作権侵害者は、プログラマティックアドネットワークに正規の広告であることを騙し、正規の広告(大半がブランドキャンペーンの広告)を表示させる。 彼らは、広告主からの広告インプレッション収入で収益を得ています。
  • ハードウェアアプローチ – 著作権侵害者は、オンラインの海賊版販売店を通じて、あらかじめ設定されたISD(不正なストリーミングデバイス)を販売しています。 BeoutQは、サウジアラビアのこの種の海賊版放送局の最大の例であり、有罪判決を得るまでに3年を要しました。
  • 再販アプローチ – このモデルは、ハードウェアのアプローチを一歩進めて、番組をバンドルし、ユーザーエクスペリエンスやアプリストアなどを構築し、ブロードバンドプロバイダに再販することで、加入者に付加価値としてビデオを提供することができます。 著作権侵害者は、「オールインワン」サービスに自分のロゴを付けてブランド化し、正規のサービスとして転売します。

常習の著作権侵害者が不正なビデオサービスで利益を得ようとすることには、いつも驚かされます。

海賊版コンテンツの抑止

スティーブ氏は、クレデンシャルやパスワード共有など、主な海賊版コンテンツの問題を提起し、私は、ビデオサービスプロバイダが、消費者のロイヤリティを維持しながら、現在の海賊版コンテンツの問題に対処するための戦略を紹介しました。 それは、あなたが思っているようなものではないかもしれません。

詳しくは聞いていただきたいのですが、基本的には、ビデオサービスプロバイダにとっての主なポイントは以下の通りです。

    海賊版コンテンツへの懸念をビジネスの妨げにさせないこと

    より信頼性の高いコンテンツを配信するための技術があることを理解すること

    常習の著作権侵害者があなたのサービスから利益を得ることを困難にし続けること

Q&Aハイライト: サービスオペレーターの課題

ライブ放送のQ&Aチャットでは、有意義なディスカッションが行われ、貴重なアイデアが交換されました。 ここではその一部をご紹介します。

この6-8週間で海賊版コンテンツに関する行動が変化したという証拠はありますか?

いくつかの「オフレコ」での会話によると、全員が「海賊版コンテンツの数はずっと増えている(20%以上)」と言っています。 さらに、Google検索やフォーラムでの関連キーワードからも、海賊版コンテンツへの関心が大きく高まっていることがわかります。 (20~100%の増加)。 傾向を示すにはまだ十分なデータがありません。 しかし、先月から海賊版コンテンツが増えたことは間違いありません。

OTT/SVOD ストリーミングサービスの認証情報の共有を防ぐための堅固な方法はありますか?

まず、どのようなタイプの認証情報の共有を防止しようとしているのかを自問する必要があります。 例えば、親が自分の認証情報を別の場所に住んでいる子供と共有することと、ユーザーが自分の認証情報を売りに出すことは違います。 また、それに見合うだけの価値があるかどうかを自問すべきです。 認証情報共有による実際の収益損失はどのようなものか、また、制限の多いシステムが有料顧客のロイヤリティにどのような影響を与えますか?

認証情報の共有を減らすためには、ターゲット層に合わせた手頃な価格のパッケージを提供することで、モチベーションを下げる必要があります。 また、同時に動画をストリーミングできるクライアントの数も制限すべきでしょう。 最後に、クレジットカードや個人情報の不正使用、パスワードダンピング攻撃、不正な支払いなどにつながる可能性のある認証情報共有のリスクについて、消費者に啓発する必要があります。

どうすれば海賊版コンテンツに対抗できるのか、コンテンツを保護することができるのか、あるいはもっと積極的な法律が必要でしょうか? どうすれば、寛容な政府に保護的な著作権法に変えさせることができるでしょうか?

適切な法律が重要であり、実際に世界中の多くの政府がより強力な規制を導入しています。 しかし、そのためには、法執行機関や裁判制度と連携して、強制力を持たせる必要があります。 Piracy Monitorでは、最近の台湾での事件など、世界の海賊版コンテンツの事例を定期的に取り上げています。 これと並行して、Verimatrix(ベリマトリックス 社)はヨーロッパのAAPAのような組織と協力して、事例調査を行っています。 いずれにしても、現実的に厳しい法執行や捜査能力の限界に対応するためには、健全な技術的保護プラットフォームが必要です。

Google社、Facebook社、Twitch社などの海賊版コンテンツ対策とその実際の効果について、あなたの意見をお聞かせください。 彼らはもっと多くの対策を講じることができると思いますか?

ソーシャルメディアや検索エンジン、および大手オンライン倉庫では、違法コンテンツの削除のための自動調査を開始したり、外部からのリクエストに応じて迅速な削除を可能にしたりと、一定の成果を上げています。 まだまだ改善の余地があり、AAPAのような組織は、状況を改善するために努力しています。

コンテンツオーナーがD2Cモデルへの移行を進めるならば、それは自社のセキュリティソリューションに移行する可能性があるということでしょうか?

コンテンツオーナーは、自社でセキュリティソリューションを開発することができますが、安全性と拡張性を兼ね備えたソリューションを開発することは、決して容易ではありません。 ビデオのコンテンツセキュリティソリューションは、既知および将来の攻撃に耐えなければならず、そのためには専門知識が必要です。 しかし、セキュリティだけでは不十分です。 また、このソリューションは、異なるサービスや複数のデバイスで動作し、ユーザーエクスペリエンスに影響を与えない必要があります。 無制限の時間と資金があれば、誰でも安全性、高速性、互換性、および拡張性を備えたソリューションを開発することができます。しかし、すべてのニーズを満たすソリューションを自社開発の何分の1かのコストで入手できるとしたら、なぜでしょうか。

事業者は新型コロナウイルス感染症をどのように利用しているでしょうか?

また、ウェビナーでのアンケートにも回答をいただきました。 これらの回答は統計的に有意ではありませんが、ビデオの違法コピー及び再送信について業界がどのように感じているかを示すいくつかの逸話的なデータを提供しています。

これらの結果からわかることは、脅威の状況は進化し続けており、サービスプロバイダは著作権侵害者の一歩先を行くために熱心に取り組む必要があるということです。 しかし、コンテンツ保護を強化および充実させるだけでなく、このような時代に対応するために、いかにしてビジネスの回復力を高めるかが重要になります。

お客様の違法再送信、海賊版コンテンツに関する課題、そしてもちろん弊社がどのようにお手伝いできるかについてもお聞かせください。 お問い合わせ 、または info@verimatrix.com までご連絡ください。

また、 スティーブ氏の「Piracy Monitor」ニュースレターにも登録 していただき、情報を入手してください。

 

Do you have questions about applications and content security?

Book a call with one of our experts

Want to keep up with Verimatrix news?

Sign up to the newsletter

Recent Posts

Mobile RASP vs Shielding vs In-App Protection

The reward of engaging with a loyal customer base doesn’t come without risk. Hackers, often highly resourced cybercriminal gangs, recognize that mobile apps provide a gateway into the enterprise. As awareness grows about this risk, enterprises are increasingly seeking solutions to secure and protect their mobile apps.

有料テレビのニューノーマルを乗り切るための4つの変革

有料テレビが新しい生活様式に直面している今、今後の…

サイバー攻撃にさらされているヘルスケア機関: トータルノックアウトを回避する方法

新たな、そして驚くべきサイバーセキュリティの脅威が…
Want to take a deep dive?

Connect with us