Skip to content

アンチタンパー技術

改ざん防止機能でコードとセキュリティを信頼する

コードの改変やアプリの偽装を防ぐためにセキュリティギャップを埋めます

改ざん防止機能ソフトウェアを意図した通りに動作させることができます。 マイクロチェックのネットワークを構築し、改変を防ぎ、コードがアプリのコンテキスト内でのみ実行されることを保証します。 Verimatrixの自動化されたソリューションと改ざん検知技術により、お客様のコードは、内蔵された保護機能で常にチェックされます。 

次のようなさまざまな攻撃を防ぐことができます:

アプリの再パッケージ化

偽者のアプリケーション(「クローン」とも呼ばれる)は、貴重な知的財産を危険にさらし、顧客の信頼を失うことになり、お客様のビジネスに悪影響を及ぼします。

ランタイム操作

改ざん検知技術により、ハッカーがアプリの実行を変更してその脆弱性を認識し、セキュリティ機能を回避してソフトウェアを悪用することを防止します。

知的財産(IP)の盗用

お客様のアプリには、時間とお金をかけて開発した貴重なIPが含まれています。 改ざん防止機能がなければ、犯罪者はお客様のアプリからアルゴリズムや資産を切り取ることができます。

改ざん検知技術でハッカーをシャットアウト

数千ものマイクロチェックのネットワークを構築します

の改ざん検知技術は、限られた数のマクロチェックに頼るのではなく、何千ものマイクロチェックを機能コードに織り込んでいます。 これにより、アプリとの緊密な統合がなされ、ハッカーは回避することが非常に困難になります。 

Androidアプリのバイトコードレベルの改ざん検知

Verimatrix、急成長中のBitcode-EnablediOS Appsに、待望の改ざん検知機能を提供できるようになりました。 それを可能にしたのは、サイバー犯者による潜在的に危険な改ざんを識別するため新しいエラスティック・アンチタンパー機能によってそれを可能にします 

アンドロイドアプリのバイトコードレベルの改ざん検知

他のアプローチとは異なり、Verimatrix(ベリマトリックス社)のソリューションは、JavaやKotlinで開発されたアプリに真の改ざん検知を提供します。 これは、機密性の高いコードを仮想マシンから移動させることで実現されており、アプリはバイトコード変換のバリエーションと悪意のある改ざんを区別できるようになります。

ビットコード対応iOSアプリの改ざん検知対策

今回初めて開発者は、急成長中のビットコードiOS市場に、待望の改ざん検知機能を提供できるようになりました。 それを可能にしたのは、Verimatrix(ベリマトリックス社)が、サイバー犯者による潜在的に危険な改ざんを識別するために、継続的な比較を提供する、新しい柔軟な改ざん検知機能です。

アプリの改ざんを防止するツール

Code Protection

モバイル・携帯端末およびエンベデッドシステム向けの、エンタープライズグレードのカスタマイズ可能なオンプレミス型ツールキット。

App Shield

AndroidおよびiOSのモバイルアプリケーション向けに、ゼロコードで簡単に導入できるクラウドサービス:

専門家に相談する

階層化されたアプリケーションシールディングソリューションで、お客様のビジネスを保護する方法をご確認ください。