Skip to content

Verimatrix(ベリマトリックス社) 製品ライフサイクル

(更新日:2021615現在) 

お客様・パートナー様へのお知らせ 

 

Verimatrix IPTV (ViewRight IPTV) Client version 3.7.x.x以下、Verimatrix OTT (ViewRight Web) Client version 3.8.x.x以下、VCAS for IPTV and Internet TV Servers version 3.8.x.x以下は、VCASヘッドエンドとの安全な通信を確立するために、統合されたPKI 1024ビットのX.509証明書を使用しています。これらの証明書は202410月に期限切れとなります。影響を受けるクライアントを搭載したすべての統合デバイスは、有効期限が切れるとVCAS復号化サービスへのアクセスができなくなり、ブラックスクリーンが発生します。この問題は、製品のライフサイクル終了(EOL)バージョンにのみ影響します。最新のクライアントおよびサーバーは、サポートされている最大の有効期限を持つ2048ビットの証明書を使用しており、この問題による影響はありません。 

 

影響を受けるデバイスは、証明書の有効期限が切れる前に最新のクライアントにアップグレードし、ヘッドエンドのVCASサーバーをバージョン4.0.0.0以上にアップグレードすることを強くお勧めします。これらのアップグレードを実行するための統合サポートは、Verimatrix社から提供されています。すべてのアップグレードは2023年末までに完了することを推奨します。詳細およびアップグレードのスケジュールについては、Verimatrixの営業担当者にお問い合わせください。 

 

ご不明な点がございましたら、Q&A文書をご覧ください。 

 

Verimatrix製品ライフサイクルポリシーに基づき、VCASおよびViewRight製品の主要なライフサイクル日を以下のように定めています。 

Verimatrix(ベリマトリックス社) 製品ライフサイクル規約に基づき、VCAS および ViewRight製品の主要なライフサイクルの日付が明示されています。

製品リリースバージョン
一般発売日
最終インストール
サポート終了
VCASとViewRight 4.3.x.x
2019年3月19日
2022年3月19日
2024年3月19日
VCASとViewRight 4.2.x.x
2018年6月12日
2019年3月12日
2021年6月12日
VCASとViewRight 4.1.x.x
2017年6月5日
2018年12月12日
2020年6月5日
VCASとViewRight 4.0.x.x
2016年11月13日
2017年12月5日
2019年11月13日
VCASとViewRight 3.8.x.x
2016年4月4日
2017年5月13日
2019年4月4日
VCASとViewRight 3.7.x.x
2015年5月27日
2016年10月4日
2018年5月27日
VCASとViewRight 3.6.x.x
2014年9月5日
2015年11月27日
2017年9月5日
VCASとViewRight 3.5.x.x
2013年12月5日
2015年3月31日
2016年12月5日
VCASとViewRight 3.4.x.x
2013年7月31日
2015年3月31日
2016年7月31日
VCASとViewRight 3.3.x.x
2013年2月22日
2015年3月31日
2016年2月22日
VCASとViewRight 3.2.x.x
2012年6月13日
2015年3月31日
2015年6月30日
VCASとViewRight 3.1.x.x
2011年12月15日
2015年3月31日
2015年6月30日
VCASとViewRight 3.0.x.x
2011年2月23日
N/A
2014年3月31日
VCASとViewRight 2.4.x.x
2010年6月1日
N/A
2013年12月31日
VCASとViewRightの2.3.x以前のバージョン
N/A
2013年3月31日

 

現在、旧バージョンのVCASを使用している場合は、アップグレードのオプションについてご相談されることをお勧めします。 

 

Verimatrix 製品ライフサイクルポリシー

Verimatrixは、IPTVBroadcast HybridInternet TVMultiRights、およびDVBVideoMarkStreamMarkの各VCASサーバ、およびViewRightクライアント製品のリリースに対して、そのライフサイクルを通して、サポートサービスを提供しています。 これらのサービスの範囲は、Verimatrixと顧客の間で締結された該当する契約書、または締結された契約書がない場合は、Verimatrixの一般利用規約で定義されます。 Verimatrixのハードウェアは、暗号化エンジン、スマートカード、キーインジェクター、またはその他のVerimatrix独自のハードウェアに限定されます。 第三者のサーバおよびハードウェアコンポーネントは、追加のサービスおよび規約条件が適用される場合があります。 

Verimatrixの製品のバージョンには、以下の4つのシーケンス識別子が使用されています: A.B.C.D (例えば、VCAS v4.0.0.0ViewRight Web v4.1.1.1ViewRight STB for IPTV v4.1.2.0など): 

 

  1. 外部の Verimatrix サーバーおよびクライアントインターフェースの下位互換性が尊重されず、新世代の製品へのアップグレードが商業的な意味を持つ、基本的なアーキテクチャ、技術、および設計の根本的な変更を意味するメジャーリリースまたは製品世代を表します。 
  1. 平均して 612 か月ごとに行われる重要なマイナーリリースであり、新機能の追加、バグ修正、セキュ リティアップデート、および/または廃止されたコンポーネントの削除が行われることがありますが、 外部の Verimatrix サーバーおよびクライアントインターフェイスの下位互換性が維持されない場合が あります。同じ世代の製品でも、B桁が同じであれば、ソリューションとプラットフォームは相互運用可能です。 
  1. A.B.の全リリースにおいて、外部のVerimatrixサーバーおよびクライアントインターフェイスの下位互換性は通常維持されていますが、マイナーな機能、バグフィックス、セキュリティアップデートが追加されることがあります。サービスパックには、以前のリリースの複数のパッチが組み込まれていることが多いです。 
  2. 外部のVerimatrixサーバーおよびクライアントインターフェイスの下位互換性は、通常、すべてのA.B.Cリリースで維持されます。 

製品フェーズ

Verimatrixの製品ライフサイクルには、4つのフェーズがあり、アップグレードの計画や予算作成時に、顧客の負担を軽減するように設計されています。 ライフサイクルは、最新の製品を維持するために必要な変更のレベルを下げ、アップグレードプロセス全体を予測できるように構成されています。 

ライフサイクルのフェーズには、ベータ、プリプロダクション、プロダクション、メンテナンスの4つがあります。 各フェーズは、すべてのソリューションで、Verimatrix サーバ、およびクライアント製品ラインのメジャーリリースすべてに適用されます。 

ビデオサービスの継続的な整合性とコンテンツライセンス契約のセキュリティ規定への継続的な準拠を保証するために、Verimatrixは、すべての顧客が、定期的に予定されているアップグレード計画を事前に開始し、メンテナンスフェーズの終了前にシステムを完全にアップグレードすることを推奨します。 影響を受けるすべてのシステムは、アップグレードの時点で利用可能な、最新の製品バージョンにアップグレードする必要があります。 VERIMATRIX社は、Verimatrix製品のバージョンに、より新しいバージョンが存在し、その機能が含まれている場合、その製品のバージョンにパッチを適用する義務を負いません。 Verimatrixは独自の判断により、修正/機能をサービスパックまたはパッチとして、最新バージョンの製品に追加し、顧客に提供することができるものとします。 

ベータフェーズ – ベータ版がテストや統合のために、選ばれたパートナーや顧客に提供されるフェーズ。 

プレプロダクションフェーズ – 新しいリリースが制限付きリリース(CR)として、選ばれた顧客への実稼働展開できるようになるフェーズ。 

プロダクションフェーズ – 新しいリリースが実稼働展開で一般提供(GA)になり、すべての顧客に提供できるようになる実稼働日から開始するフェーズ。 プロダクションフェーズは、実稼働日から少なくとも12ヶ月以上経過した「最終インストール日」に終了します。これは本ソフトウェアを実稼働環境にインストールできる最後の日となります。 この日以降、新規のインストールや統合は受け付けられません; ただし、すでに統合されている ViewRight クライアントデバイス(セットトップボックス、スマートTV CEデバイスなど)の大量生産および展開は、 Verimatrixとの統合契約に従って、承認されたとおりに続行できます。 

メンテナンスフェーズ – このフェーズは少なくとも24ヶ月間続き、パッチやサービスパックが一般的に利用可能な期間を対象とします。ただし、顧客がメンテナンスおよびサポートプランをご利用中であることが条件となります。 お客様におかれましては、メンテナンス期間終了前に、サーバおよびクライアントコンポーネントの最新バージョンのいずれかにアップグレードされることを、強くお勧めします。 メンテナンスフェーズの終了時に、製品はサポート終了(EOL)日に達します。これは、マイナーリリース、関連するサービスパック、およびパッチが利用できなくなった日付です。 以下の図は、製品がEOL日に達した以降に、利用できるサービスを示しています: 

EOL後も条件付きで利用可能

EOL後も条件付きで利用可能

法的通知
© 2021 Verimatrix Inc. 無断転載禁止

Verimatrixは、本文書の受領者に通知する義務を負うことなく、製品ライフサイクルポリシーおよび本文書を変更する権利を留保します。 本文書のいかなる内容も、明示的または黙示的にかかわらず、保証を作成するものではありません。本ドキュメントのいかなる内容も、 Verimatrix Inc.  Verimatrix製品の使用および/またはサポートについて定めた、該当するライセンス契約に規定されている条件を変更するものではありません。 VerimatrixVCASViewrightVideoMarkStreamMarkVerspectiveおよびVerimatrixのロゴはVerimatrix Inc.商標およびサービスマークです その他すべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。 

Anti-Piracy